ハマフェスとは?


イベント概要


イベント名称 ハマフェス Y165
開催期間 2024年5月25日(土)、26日(日) 2日間
開催趣旨 開港当時、小さな漁村だった横浜は、様々な国の人や文化など海から常に新しいことが入り、その土地と融合し、発展させてきたことで、人口370万人を超える大きな都市に成長しました。そんな「港町・横浜」を祝う「横浜開港月間」。その最後の週末2日間に、港町・横浜を象徴するイベントとして、横浜を創ってきた先人への感謝と喜びを横浜市民ともに祝おうと、横浜開港150周年の翌年の2010年(Y151)に始まった「ハマフェス」。開港200周年(Y200)に向けて、開港の喜びを祝うとともに、市民の交流、観光誘致、地域経済の活性化を目的としています。ハマフェスの魅力は、イベントそのものの楽しさと、横浜観光の魅力が一度に楽しめることだと思います。イベントでは、横浜グルメや音楽やダンスのエンターテイメントなどが楽しめ、会場から少し歩くと、横浜を代表する観光地が多々あり、海上交通などの移動手段自体が楽しめる観光交通なども盛んで、イベントと街歩きをWで楽しめます。
主催 ハマフェス実行委員会
(構成組織)
馬車道商店街協同組合・関内活性会・山下公園通り会・横浜中華街発展会協同組合
協同組合 元町SS会(山手地区含)
NHK横浜放送局、KAAT神奈川芸術劇場、神奈川新聞社、テレビ神奈川、ニッポン放送、
横浜エフエム放送、読売新聞社
実行委員⻑ 宝田 博士(協同組合 元町SS会 理事長)
同副委員⻑ 本多 初穂(馬車道商店街協同組合)
徳永 三郎(一般社団法人 関内活性会 副理事長)
原  信造(山下公園通り会 会長) 
高橋 伸昌(横浜中華街発展会協同組合 理事長)
共催 横浜市
後援 神奈川県(予定)、公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー(予定)
Y150からY165、そしてY200へ

PAGE TOP