横浜セントラルタウンフェスティバル“Y156”

開催プログラム

馬車道

馬車道
幕末の関内に置かれた外国人居留地と横浜港を結ぶ道を馬車が行き来したことから名付けられました。レンガの道やガス灯など、当時の面影を感じられるロマンあふれるエリアです。

プログラム一覧

馬車道ジャズフェスティバル
  • 出演:村田浩 & THE BOP BAND、松井祐貴
  • 会場:関内ホール前
  • 日時:5月30日(土)12:30〜 村田浩 & THE BOP BAND
              14:00〜 松井祐貴
              15:15〜 松井祐貴
       5月31日(日)13:00〜 村田浩 & THE BOP BAND
              15:00〜 村田浩 & THE BOP BAND
馬車道ジャズフェスティバル

村田浩 & THE BOP BAND

1943年横浜生まれ、高校でトランペットを始め、大学卒業1年後、横浜のナイトクラブでプロデビュー。1975年「渡辺貞夫リハーサルオーケストラ」に参加、解散まで通算3年間所属する。また、「八城一夫クインテット」結成と同時に参加、解散まで通算5年間所属する。同年7月には、自己の「THE BOP BAND」を結成。現在まで全国的な活動を展開中。一貫して、いわゆる“ビーバップ”、“バードバップ”のバンドリーダーとし て、ライブハウス・コンサートを中心に活動を続けており、現在まで、渡辺貞夫、八城一夫、松本英彦など、多くのトップミュージシャンと共演しており、ま た、デューク・ジョーダン、ロイ・ヘインズなど、来日アーティストとの共演も多い。またボーカリストから共演を望まれることも多く、マーサ三宅、阿川泰子 など、そして、ヘレン・メリル、アニタ・オデイなど、内外のトップボーカリストとも共演している。本格的なバップ・トランペッターとして貴重な存在と言われ、スイング・ジャーナル誌の人気投票トランペット部門で常に選出されるなど、多くの支持者を得ている。

馬車道ジャズフェスティバル

松井祐貴

1986年12月16日生まれ。横浜出身。14才よりギターを始め、独学でソロ・ギターの特殊奏法を習得。ギターをパーカッションのように叩き、リズムを繰り出しながら同時にコードとメロディを奏でるそのスタイルは動画投稿サイトで話題になり、注目を浴びる。演奏技術はさることながら、その洗練された作曲能力や、オープン・チューニングを駆使した独特なカヴァー曲アレンジなどによって世界中から絶賛され、現在YOUTUBEの動画再生数は、1,000万回を超える。2013年には、中国4都市でのソロ・ツアーや、韓国(ソウル)でのライブを成功させ、今後も世界での活躍が期待されている。

■問い合わせ先 馬車道商店街事務局 045-641-4068(平日の午前9時〜午後5時)

▲PageTop

ハッシュタグは #y151200 でツイート!